子どもが何かをクリエイトする過程を迷惑に感じるのはきっと大人に余裕がないからだと痛感!そんな幸せを

放課後等デイサービス能力探求スクールIT&クリエイト専門校[ジーニアス・ラボ]/名古屋平手校

という企業が、面白そう!

こういう事業が増えれば、発達障害を持つ児童や不登校児なども、自分らしく自分らしさや社会性をクリエイトしていける。

ただただ、クセのある若者や子供たちを迷惑がって社会から排除するのは、大人の教育じゃないよな。

何かクリエイトするなら名古屋でも沖縄でもいいし、迷惑がられる心配しないでいい

名古屋は関西や関東に比べてクリエイト系の求人やデザイナーの需要が、これから加速度的に増えだす。発展途上だけど、その分即戦力、新規採用、ベンチャー企業向けの新たなクリエイター育成が増えだしている。名古屋市栄にある、クリエイト系の転職に強い人材派遣会社や転職エージェントに相談するのが良いかもしれない。

クリエイトするのは名古屋の迷惑な歴史じゃない

新たにクリエイトされた名古屋城。

でも、障害者の方たちが利用できるスロープやエレベーターが設置されていないので、障害者や高齢者の方々が迷惑だと訴えている。

歴史的経緯を辿ってみると、確かにエレベーターは無いので、史実に忠実な再現をした名古屋城にはふさわしくないかもしれない。

しかし、障害者雇用率の水増し問題などにも言えることだが、長年繰り広げられてきた暗黙のルールほど、社会的弱者にとって厄介なものはない。

名古屋を住みやすい街にクリエイトするのであれば、新たな時代の流れを構築すべきだと筆者は感じている。