クリエイトするのは名古屋の迷惑な歴史じゃない

新たにクリエイトされた名古屋城。

でも、障害者の方たちが利用できるスロープやエレベーターが設置されていないので、障害者や高齢者の方々が迷惑だと訴えている。

歴史的経緯を辿ってみると、確かにエレベーターは無いので、史実に忠実な再現をした名古屋城にはふさわしくないかもしれない。

しかし、障害者雇用率の水増し問題などにも言えることだが、長年繰り広げられてきた暗黙のルールほど、社会的弱者にとって厄介なものはない。

名古屋を住みやすい街にクリエイトするのであれば、新たな時代の流れを構築すべきだと筆者は感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です