成功をクリエイトしたい名古屋人のseo対策にみる会社の評判

SUUMOやホテルズドットコムが、制作者個人のニーズや嗜好が高まりクリエイトされたように、世界の商業の象徴と言っても過言ではない、Amazonが間借りした小さなデスクで、創設者ひとりのオフィスから成りあがったように、わたくし名古屋人の独断と偏見ではあるが、「いいコンテンツを、わかりやすく、ワクワクしてもらいながら、知ってほしい、応援してほしい。」という、非常にソフトな野心こそがSEOには宿っていく時代が到来しつつあるように感じる。建前上のSEO対策で、虚栄したところで、会社の評判というものは、実際のところ、商品やサービスの質が悪ければ、栄華必衰の理ではないだろうか。

 

目的をクリエイトしたい名古屋人にとっての評判

「みんなに好かれようとして、みんなに嫌われる」ってキャッチコピーがあったな昔。

信頼される、価値のあるアイデアをクリエイトしようと、名古屋人が世間に媚びへつらうよりは、炎上するような差別的表現だけ避けて、評判なんてあんまり気にしないようにしたほーがいいんじゃなーいか

よいアイデアをクリエイトしたい名古屋人の思う「評判」

いいアイデアをクリエイトしたい名古屋人です。

今日は時間がないのでサクッと。

私が思う1番大切な評判とは、

その評判が弱い立場の人が発したものかどうか、という一点です。

これからますます日本は危機を迎えます。マンパワーの限界値はとっくに臨界点を超えメルトダウンしていると思います。

ゆえに、弱い立場の人同士が共存できる術やノウハウをクリエイトしなければ、一億総倒れです。