しつこい、迷惑、電話が嫌い・・・もしかしたら「ハイリー・センシティブ・パーソン」

しつこい、迷惑、電話が嫌い・・・

 

それは、もしかしたら「ハイリー・センシティブ・パーソン」という気質の人間かもしれません。

 

私はその気質が高いと思っています。あくまでも自己分析ですが。

 

生まれつき「非常に感受性が強く敏感」な気質もった人の事です。

正式には「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。

 

HSPとは病気や障害ではなく、人口の15%~20%の人が持っている『性質』です。

全人口の2割と聞くと意外に多いな。って印象を受けませんか?

 

人口の2割もいるHSPですが、逆に言えば人口の8割は「HSPではない人」です。なのでこの8割の人たちから共感を得ることが難しく、HSPの人は生きづらさを感じてしまうのです。

 

HSPにはいくつかの生まれ持った特性があります。

 

①深く情報を処理する

場や人の空気を深く読み取る能力に長けています。しかし逆に言うと情報を読み取りすぎるため、疲れてしまう原因にもなります。

 

②過剰な刺激を受けやすい

光や音そして周りの状況から、普通の人より多くの刺激を感じてしまうため、人込みや騒音が苦手な傾向にあります。

 

③共感しやすい

親や自分の周りの人の感情を読み取り、自分を合わせることが多いのも特徴の一つです。また小説やドラマなどで、作品に強く感情移入する点も挙げられます。

 

つまり、HSPとは人よりも感度の高いアンテナを常に張っている状態なのです。

 

そしてこの感度のいいアンテナは、小さな仕草や言動で相手の気持ちを汲み取ることができたり、色々なものに深く感動できたりしますが、反面様々なことを敏感に感じ取り過ぎてしまうのです。

 

また外国人に比べ日本人は国民性からこのHSPの割合が比較的高いと言われています。

 

 

そんな方におすすめしたいのが、美術館めぐりです。

 

美術館は基本的に静かですし、自分のペースで、絵画や陶芸などを見ることができます。

 

まさに至福のとき。

 

 

次の休みは、どの美術館に行こうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です